老人向けの療養型病院

特別養護老人ホーム

11月
16

介護保険施設には、特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、介護療養型医療施設があります。特別養護老人ホームでは、寝たきりの老人などの重度の介護を要する「要介護者」が、少ない費用の負担で長期入所できる施設です。

特別養護老人ホームのメリットは入居一時金が不要で、利用料も安い、24時間体制で介護サービスを受けることができる、長期入所が可能などいろいろあるのかもしれませんが、メリットが多い分、なかなか申し込みをしても入ることができない現状です。

入所した人は残りの人生をそこで生活をするため、どんどん高齢者人口を抱えてしまうことになります。終の棲家という抱えている問題は大きいと考えるべきです。

介護老人保健施設はどのようなものを言うのかといえば、介護療養病床に似ているのでしっかり区別をしましょう。介護老人保健施設は、比較的少ない費用の負担で医療管理下での看護・介護、回復期のリハビリが受けることができ、老健とも呼ばれている施設です。医療処置が充実しており、 利用料が安いのがメリットですが、 長期入所は難しいというデメリットを抱えているようです。多床室がほとんどで、レクレーションなどが少ないのがデメリットです。

未分類 特別養護老人ホーム はコメントを受け付けていません。

Comments

Comments are closed.