老人向けの療養型病院

介護療養病院

11月
08

高齢者の方々の病院へ関わり度はどんどん高まっていきます。しかし、医療機関は、そのような多くの高齢者を抱え込む余裕はありません。今、私達は高齢化社会の中で、真剣にそのような問題と向き合っていかなければなりません。

そこで、医療機関・医療療養型病床という考えとは別に、介護療養病床という考えが登場します。高齢化社会の対応ができてないということではありません。介護付有料老人ホーム。住宅型有料老人ホーム。健康型有料老人ホーム。サービス付き高齢者向け住宅。高齢者専用賃貸住宅。高齢者向け優良賃貸住宅。シニア向け分譲マンション。グループホーム。軽費老人ホーム。ケアハウス。特別養護老人ホーム。介護老人保健施設……などいろいろな種類があり、対応してくれている訳ですが、何がどのようなサービスを提供してくれて、料金がどの程度かかるのか非常に判りづらいというのも事実です。

高齢化社会の方々が、どれを求めているか、そのときはっきりと把握できるのでしょうか。老人ホーム更に介護施設には、主に民間事業者が運営する「有料老人ホーム」や「サービス付き高齢者向け住宅」があり、更に社会福祉法人、民間事業者などが運営している「地域密着型施設」や「軽費老人ホーム」、更に医療法人・社会福祉法人などが運営している「介護保険施設」があります。

介護保険施設の中に、介護療養病床があります。他には、特別養護老人ホーム、 介護老人保健施設がありその違いも明確にしていかなければなりません。

未分類 介護療養病院 はコメントを受け付けていません。